読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポエムを書き綴るブログ

詩を載せていきます(=゚ω゚)

網戸

網戸の無い窓に   今日も誰かの風が吹く

痩せ細ったわたしの頬は    一途に熱を求めてる

目に見えるものは   いつしか世界の塵と消え

モノクロームに浸った頬に   季節外れの雪が降り

"わたしの星は此処には無いから"

ずっとずっと   ただ一途に  嘘偽り無く思っているよ

 

網戸の無い窓は   明日も誰かの風招く

凍えきったわたしの指は   夢を忘れた枯れ木のような

目に見えるものは   いつしか世界の土と成り

モノクロームに浸った頬に   季節告げる花が咲き

"わたしの星が此処には無いなら"

ずっとずっと   ただ一途に   雪が溶ける事を知らぬまま

 

 網戸の無い窓に   今日もわたしの風は無く

ずっとずっと   ただ一途に   わたしの星を探してる